『ア・ラ・カルト』 で Mのランチ講座
朝日カルチャーセンターの 「Mのランチ講座」
2回目は、しばらくごぶさたしていた洋食屋さん


「ハンバーグ&牛ロースの照り焼き」

2011082703.jpg
2011082705_20110904182407.jpg
2011082704.jpg

実は、みなさんはエビフライだったんですが、
揚げ物が苦手&牛肉が大好きな私の前には
牛ロースステーキがピンチヒッターで登場~

考えてみると、ランチには来たことがなく、
煮込みハンバーグを食べるのは初めてです。

“煮込み”は味が濃くなりがちだから、私は“焼き”派なんだけど、
ココのはふんわりのハンバーグに、さらっと軽いデミでいい感じ。



メインのお皿の前には、前菜とスープを。


 「みつせ鶏のとりトロの塩ダレ焼き、

自家製オイルサーディン、生ハム」


2011082701.jpg

「とりトロ」って、あまり耳にしたことがないけど、
胸と手羽元の間の脂がのった希少な部位だそうです。
でも、脂っこさはなく、味わいあるほどよい弾力。



「ミネストローネスープ」

2011082702.jpg

具だくさんで、ホッと和みます。



デザートには、このお店のご近所で、超人気のケーキ屋さん
「Patisserie Ravi,e relier (パティスリー・ラヴィルリエ)」
特別に注文したホールケーキを2種類ご用意いただいてました。


「バナナのムースケーキ」

2011082706.jpg

噂に聞いていたものの、あまり甘いものを食べない私は
なかなかお店に行く機会がなく、服部シェフとも初対面…
のハズなのですが、どこかでお見かけしたことあるような?



「チョコレートケーキ」

2011082707.jpg

そう、5年ほど前に、私が本町に勤めていたころ、
毎日のように通っていたカフェの店長さんでした。

こんな素晴らしいケーキを作れる方だったとは!

シェフにも覚えていただいててうれしかったです。
(きっと変わった客だったに違いない…)



2011082708.jpg

バナナムースは、下にココナッツが、
チョコレートケーキは、間にマンゴーや
パッションフルーツが同居していて、
一緒に食べるとまた違った味わいに。

日本人向けにアレンジされていない
フランス菓子にしたいという思いから、
けっこう甘めに仕上げられています。


今回もカウンターに座ってしまったので、
あまり他の方とはお話できなかったけど、
次回は中華なのでワイワイできるかな~。


「洋食の店 a la carte (アラカルト)」(洋食)
大阪市北区神山町3-2
☎06-6362-8171

【2011/09/06 16:00 】 | イベント・レセプション | トラックバック(1)
トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
おいしいチョコレートにはおいしい歴史がある・・・
ちょっと疲れたとき、気分転換したいとき、ふとチョコレートを食べたくなることがありますよね。チョコの中に含まれる砂糖、カカオ、ミルク、香り等さまざまに組み合わさって、疲れた気持ちをいやします。
【2011/09/07 08:27】 | チョコレートなるほどこぼれ話
| ホーム |