『ル・クロ』 の 黒岩シェフスペシャルコース
いつも、あちこち飛び回っていらっしゃってお忙しいので、
なかなか黒岩シェフのお料理を食べられないのですが、
この日は1日、黒岩シェフが腕をふるわれるということ

「スペシャルコース」5500円をいただいてきました。

“焼いた肉”好きな私は、魚料理を肉料理に、
メインの肉料理も煮込みから焼きにチェンジ

2人で行ったので、本来のコースのメニューも
おすそわけしてもらい、豪華な内容になりました


というわけで、メインのお肉は2種類


「鹿児島牛ランプ肉のステーキ

トリュフのソース」


2011081608.jpg



「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」

2011081609.jpg

赤身しっかりのランプ肉のあっさりと、
しっかり煮込まれたほほ肉濃厚な味わい。

ランプ肉は倍くらいは軽くいけるなあ~。



私が魚料理の代わりにいただいた


「茶美豚ロース肉のステーキ」

2011081606.jpg

ソースは醤油と味噌をベースにしているそう。
和のテイストを少し加えてるのがいいですね。
上にはポテトのスライスをはらりと。



本来の魚料理は 「スズキのソテー 

オマール海老のソース」


2011081607.jpg

上にのっかってるのは、海老よホタテのムース。
海老の旨みが詰まったソースがたまりません。



メインにたどりつくまでにも、素晴らしいお皿の数々がっ


「タコとポワロ葱のマリネ」

2011081601.jpg

ブラックオリーブとドライトマトがアクセントに。



「生ウニのムースと焼き茄子のラグー

温度卵のソース」


2011081602.jpg

ココの定番&人気料理ですね。

上にちょこっとお座りしているのはキャビア?
いえ、これは“アブルーガ”というもので、
燻製したスカンジナビアニシンを
レモン果汁などで味付けしたものだとか。

さっぱりしてて、キャビアより好きかも。



「鰻とフォアグラのテリーヌ

バルサミコソース」


2011081603.jpg

聞けば、ちょっと濃そうなメニューですが、
海老とホタテのすり身でまとめたフォアグラと、
バルサミコの酸味でしつこさはありません。



「コンソメ・ド・ロワイヤル」

2011081604.jpg
2011081605.jpg

フランス風の茶碗蒸しですね。

こちらもこのお店定番メニューなんですが、
なんだかいつもより色が濃い感じが…?

そう、醤油が入りの和風クリームソースが
表面を覆っていたからなんです。



「デザート盛り合わせ」 で仕上げ。


2011081610.jpg

紅茶のパウンドケーキ、ガトーショコラ、
ゴマのブランマンジェ、バニラアイス


私はやっぱり、甘さ控えめでプルプルの、
ブランマンジェが一番すきだなあ~。


あ~、すっかりお腹いっぱい

久しぶりに、黒岩シェフのお料理を味わえて幸せ

ほぼ、オープン直後からのお付き合いですが、
シェフのいつまでも変わらないパワフルさと、
ほっとできる優しいお料理と居心地のいい空間が、
ず~と支持され続けてるんでしょうね。

また、和みに行きます


「Le Clos (ル・クロ)」(フレンチ)
大阪市中央区西心斎橋2-3-22
☎06-6211-1644
http://www.le-clos.jp/

【2011/10/01 12:00 】 | ステーキ | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |