『一創(いぞう)』 の 皮付ブタバラの黒酢の酢豚 など
“麻婆豆腐”が美味しいと評判のお店に
お誘いいただき、行ってまいりました

この日は、20人くらいでお邪魔したので、
おまかせコース 4980円 (飲み放題付き)。


しかし、肉派の私は、このメニューのトリコに


「トロッとカリッと

皮付ブタバラの黒酢の酢豚」


20120120A.jpg
20120120B.jpg

おお~、皿にゴロンと横たわった豚バラ肉は、
黒酢のあんを全身にまとってテリテり~

表面はパリッ、中はトロトロで、箸でも切れるほど。
味は酢豚ですが、角煮を食べてるような感覚です。

黒酢の酸味もきつくないし、肉ガッツリでうれしい



さてさて、コースですが 「前菜の盛合せ」 からスタート。

2012012001.jpg
2012012002.jpg

まず、合鴨スモーク、うずら卵の醤油煮、
タコのラー油掛け、キュウリの酢漬け
が登場。

特にお気に入りは、肉の色鮮やかな合鴨
スモークの香ばしさが、ホワ~っと広がります。



続いて、子持ちシシャモのナンバン漬け、
蒸し鳥のゴマソース掛け、海老の塩ゆで。


2012012003.jpg
2012012004.jpg

シシャモって焼いて食べるくらいだったけど、
南蛮漬けにすると食べやすくなりますね。

蒸し鶏のソースには野菜も入っていて、
淡白な味がちょっぴりゴージャスに。



そして、お肉盛り~ 「肉団子のネギ醤油炒め、

一創のやわらか鳥モモ唐揚げ」


2012012005.jpg
2012012006.jpg

揚げ物が苦手なんで鳥は一口だけ…ってつもりが、
しつこくなくてジューシーだったんでパクパク。

中華の肉団子って甘酢でからめたものが多いけど、
これだと肉の旨みがしっかり味わえていいなっ。


 
寒い日に恋しい、ホカホカ蒸籠の点心2種


「柔らか肉シューマイ」

2012012007.jpg



「もっちりとした皮の海老蒸しギョーザ」 

2012012008.jpg

あ~、なんだろ、この皮の舌触り。
モチモチの皮は多いけど、このなめらかさは
なかなかな味わえなくて、冷めても美味しい。



さらにシーフードのお料理がっ


「海老とイカのマヨネーズソース」

2012012009.jpg
 
マヨネーズマヨネーズしてなくて、
さらっとしたさわやかな甘みのソース。

衣系が苦手な私としては、茹でたり焼いたりした
シンプルなシーフードに掛けて食べたいなあ



で、お待たせしましたっ こちらの名物


「四川の麻婆豆腐」 (上)辛め (下)激辛

2012012010.jpg
2012012011.jpg
 
見た目はわかりにくいけど、辛さは明らかに違います。
私は激辛でもそんなにキツくなかったのですが、
山椒系の辛さがちょい苦手な人は、まずは普通から。

白ご飯も準備するべし



ココでほっこり 「牛スジ入り山椒スープ」

2012012012.jpg
 
う~ん、スジ肉やわらか~い。
しかも、野菜もたっぷりでホッとする…
と安心してたら、あとからピりリっ



シメは 「チャーシューチャーハン」 

2012012013.jpg

もうお腹いっぱいで無理かな…と思ったのですが、
パラパラで味付けも軽い感じだったので、スッとお腹に入りました。

 

「恵比寿カボチャののプリン、

リンゴのコンポート」
 で仕上げ。

2012012014.jpg

ありがちなマンゴーでなくカボチャ、
しかもコンポートが添えてあるとは心憎い

甘さひかえめで、食後にちょうどイイ感じ。


さすがにお腹いっぱいになりましたが、
脂っこさがあまりなく、胃はすっきり。

今回は牛肉はなかったので、メニューを見ると…
「柔らか牛ホホ肉のステーキ風 特製!
 中華オレンジ煮込み」
なるものがっ。

コレはまた行かねば


【四川屋 一創 (いぞう)】 (中国料理)
摂津市正雀本町1-36-7
☎ 06-6317-5887

【2012/02/08 14:00 】 | 豚肉 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |