『Sakura (サクラ) 』 で やなもり農園新年会
先月、ホテルニューオータニ大阪18F
『Sakura (サクラ) 』
で開催された、
やなもりさん の新年会に行ってきました


さてさて、小出シェフ、今年はどのようなお皿で、
私たちの目と舌を楽しませてくれるのでしょうか


気になるこの日のお肉料理は…


「西オーストラリア産 仔羊鞍下肉と

森茸のキャベツ包み

“やなもり九条葱”とアルマニャックソース」


2012021201.jpg
2012021202.jpg

アルマニャックの香りがほわ~っ。
私はちょぴり羊ちゃんが苦手なので、
これくらいのソースがあるとうれしいな。

キャベツをまとった肉柱を割ってみると、
キノコがギュッと詰まっています。

鞍下って聞くと脂っこいのかと思ったけど、
仔羊は赤身がしっかりでやわらかいなあ。



お肉以外のメニューも、もちろん魅力的~


まずは 「一口の愉しみ…」

2012021203.jpg



鴨フォアグラのテリーヌ

2012021204.jpg

カカオ100%のチュイールでテリーヌをサンド。
甘みがあって、デザート感覚でいただきました。



ブロッコリーのスープ

2012021205.jpg

色鮮やかなグリーンのスープの中に、
やなもりさんのブロッコリーがゴロゴロ。



続いて 「艶やかな至福のカクテル

“やなもり野菜の宴”

高知県厳選フルーツトマト、

ブラータチーズ、バルサミコ酢25年」


2012021215.jpg

白と黄緑のロマネスコに、ホタルイカも!
下に隠れたブラータチーズはクセがなく、
モッツアレラをミルキーにした感じです。
さらに、バルサミコの甘みも加わって、
さっぱりジュレがふくよかな味の一品に。



「真紅に彩るベトラブのジュレと

海の宝石 黒真珠の煌きをあしらって…」


2012021214.jpg

真紅のカーテンがかけられた舞台で、
マツブ貝、アワビ、キャビア、ウニ、
マスの卵、キャビアが華やかに競演。

金箔がシーンを引き締めています。



そして、パスタは 「北イタリアの想い…

“やなもり小松菜”にのせて

自家製トロフィエのジェノヴェーゼ」


2012021206.jpg
2012021207.jpg

生ハムと小松菜下から現れたショートパスタは、
ニョッキのようにモチモチの食感がたまりません。

ジェノベーゼで食べるのが伝統的だそうで、
パルメザンチーズがアクセントに。



「滋味豊かなジビエのコンソメ

春を告げる蕗のとうのベニエと

“やなもり大根”」
 と贅沢なスープ。

2012021208.jpg

堀川ゴボウのムースの上に、大根とフォアグラ、
その上から、山鳩、猪、鹿、山ウズラなどからとった
コンソメをサラリと流し込んでいただきました。

私には猪の風味が一番強く感じたかな。



ココでお口直し 「桃のソルベ 赤スグリの実添え」 でさっぱり。

2012021210.jpg



で、魚料理 「高知県宿毛から届く最高鮮魚

南仏の香りと“やなもり白菜”」


2012021209.jpg

肉厚の黒ムツをブイヤベースソースで。
タンポポの葉が添えられていました。



ソースはパンと一緒に。

2012021211.jpg



この後、羊ちゃんをいただいてデザートへ


「青林檎のマカロン 

ダージリン風味のアイスを奏でて」


2012021212.jpg

リンゴのムースの軽さとマカロンの甘さの
ハーモニーに、ダージリン風味のアイスが
ちょこっとアレンジを加えています。



食後の余韻

2012021213.jpg

甘みが強そうだったので、食べませんでした…


小出シェフ、去年に引き続きありがとうございました。

春が近づいたら、大阪城公園の“サクラ”を目の前に、
優雅なひとときを過ごしてみたいですね


【Sakura(サクラ)】 (フレンチ)
大阪市中央区城見1-4-1
ホテルニューオータニ大阪18F
☎06-6949-3246
http://www.newotani.co.jp/osaka/restaurant/sakura/

【2012/03/06 16:00 】 | イベント・レセプション | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |