「清風学園」 で 『OSAKAID 2012 立ちあカーレー』
昨年、とても楽しかった、 大阪 「清風学園」 での
カレーイベントに、今年は2人で参加してきました


『OSAKAID 2012 立ちあカーレー』

2012040801.jpg


今回の参加店も豪華な顔ぶれがズラリ

【焼肉&韓国料理】
●韓菜酒家 ほうば
●堂島精肉店&ばる堂島精肉店
●ホルモン屋 ぎんちょう
●やまがた屋

【フレンチ】
●au garage(オ・ガラージュ)
●Convivialite(コンヴィヴィアリテ)
●Tout-Le-Monde(トゥールモンド)
●La Cime(ラ・シーム)
●lumiere(リュミエール)
●Restaurant DiVA(レストラン・ディーバ)

【イタリアン】
●AGRESTO
●IL GHIOTTONE(イル・ギオットーネ)
●IL quadrifoglio(イル・クアドリフォーリオ)
●il luogo di TAKEUCHI(イル・ルォーゴ・ディ・タケウチ)
●GIOVANOTTO(ジョヴァノット)
●taverna delle tre lumache(タベルナ・デッレ・トレ・ルマーケ)
●Trattoria Pappa(トラットリア・パッパ)
●TRATTORIA Piano(トラットリア・ピアノ)
●Marble(マーブル) グループ
●La Epicurea(ラ・エピキュレア)
●La Bilancia(ラ・ビランチャ)

【和食・寿司】
●粋餐 石和川
●寿司処 黒杉
●すし処 広川
●鮨 美菜月
●鮨 さえ喜
●草喰 なかひがし
●天神橋 春駒
●花錦戸
●祇園 さゝ木

【焼鳥・串焼・串揚げ・炭火焼】
●炭火焼鳥 うずら屋
●川と山
●Cuisine d' Osaka Ryo(キュイジーヌ・ド・オオサカ・リョウ)
●京都 ごずこん
●鶏屋 國型製作所
●炭焼笑店 陽
●焼鳥 YAMATO 北新地
●焼とん ya たゆたゆ

【中華】
●一碗水
●黒龍天神樓
●酒中花 空心
●一之船入
●避風塘(フェイフォントン)みやざわ
●溢彩流香(イーサイリューシャン)
●ビーフン東 & Az(アズー) & Chi-Fu(シーフ)
●67’餃子

【鉄板焼】
●コアラ食堂
●てっぱんやき tanpopo (タンポポ)

【うどん】
●讃岐手打ち 釡たけうどん
●情熱うどん 讃州
●饂飩 きぬ川

【創作料理・居酒屋・ダイニング】
●川添
●居酒屋 梅の湯 & 馬骨塩ラーメン 湯梅軒
●酒食堂 風屋
●THE PARTY(ザ・パーティー)
●DINING あじと
●たいのたい
●竹中酒飯店
●Wassy's Dining Souple(ワッシーズダイニング・スープル)
●和菜厨房 暖

【バル】
●炭火焼バール VOLTA(ヴォルタ)
●Bal mustard(バル・マスタード)
●ハワイアンバール ka'apuni(カプアニ)
●Winebar・ya Riblin(ワインバル・ヤ リブリン)

【パン・カフェ・スイーツ】
●Olabrillant(オラブリアン)
●キャリナリー 製菓調理 大阪校
●堂島スウィーツ 本店
●Juen Delicafe
●Seiichiro NISHIZONO la patisserie
●Boulangerie Takeuchi(ブランジュリ・タケウチ)


2人だと量も限られるので、肉中心に攻めてみました


特にお気に入りになったのがこの2品


酒中花 空心 さんの

「ハチノスのカレー火鍋」

2012040802.jpg
2012040803.jpg

やわらかいハチノスが、ピリ辛のスープにどっさり
胡麻のソースをトッピングすると、辛さがまろやかに。

山くらげのコリコリ、麺のちゅるちゅる、
食感も楽しくて、いくらでも食べたくなる~

でも、午前中から飛ばしては後が続かんので、
ここでは泣く泣くはガマンしておきました

春雨の太いような、透明の麺が入っていたんですが、
なんだったんだろ…また、行って聞いてみなくちゃ。
(と思って、予約しようと思ったら満席でした…)



で、もう1品は 川添 さんの 「馬すじカレー」

2012040815.jpg

わぁ~、甘~い

玉ネギ、コンニャクが入っているみたいなんだけど、
この甘みは玉ネギからくるものなのかな~?

全然クセもなくて、ごはんなくてもパクパク。



さて、ほかにも肉系のカレーが目白押し


まずは牛さま


大行列だった、堂島精肉店 & ばる堂島精肉店 さんの

「和牛ヘレステーキとフォアグラバター

カレー風味のせ」


2012040814.jpg

おお~、なんて贅沢な組み合わせなんでしょ

存在感の大きいあっさりやわらかなヘレと
濃厚なフォアグラバターを引きたてるような、
控えめな辛さのカレーはベストトリオでした。



Convivialite さんの

「岩手短角牛カレー on

プラチナポークソーセージ」


2012040811.jpg

挽き肉のカレーはスパイスがとても効いていたので、
カレーと一緒にいただいたレシピを見てみると、
カイエンヌペッパー(唐辛子の実を粉末にしたもの)、
キャトルエピス(コショウ、ナツメグ、ジンジャー、
クローブ)、シナモンが使われていたみたいです。

ジューシーな白金豚と相まって、独特の味わいに



Restaurant DiVA さんの

「カレーどて焼き」

2012040805.jpg

どて焼き好きの私、こういうの待ってたんです。
もう少し、カレー味がしみてたらうれしかったかな。



続いて、豚さん


いろいろお世話になってる、讃ちゃんこと 情熱うどん 讃州 さんの

「和風豚角カレー」

2012040804.jpg

お箸でもすっと切れるくらいに煮込まれた豚の角煮に、
和テイストのやさしいカレーは、なんだかホッとします。

ごはんもいいけど、ホント、うどんが合いそう



TRATTORIA Piano さんの

「岩手産四元豚とヤマトポークの

カレーラグー ナポリピッツァ包み」


2012040806.jpg

自慢のナポリピッツァの中に、東北と奈良の豚さんが同居。
ピッツァが厚めだったので、インドのナンのようにつけて
食べる感じが◎だったけど、パスタがあればよかったかも。



焼とんya たゆたゆ & Winebar・ya Riblin & バルマスタード さんの

「炭焼きフィンガーリブ ずんだ豆の

グリーンカレーソース」


2012040813.jpg

脂ののったフィンガーリブにずんだ豆のソース。
手をベタベタにしながら、かぶりつくと…
最初はちょいか甘、思いきや、あとからピリピリ。
カレーの辛さというより山椒?だったのかな。



鴨や肉団子などなど、個性的なものが続々~


DINING あじと さんの

「青森(奥入瀬)銀の鴨カレー」

2012040818.jpg
2012040812.jpg

鴨を出しているところはほかになかった(?)し、
トマトソース煮込み感覚で、ひと味違うカレー。

大ぶりカットででちょっと食べにくかったけど、
銀の鴨の味がしっかり楽しめてよかったです。



一之船入 さんの

「中国風黒酢の爆弾甘酢カレー」

2012040809.jpg
2012040810.jpg

ん?何だか黒いぞ 割ってみると…ゆで卵が登場。
イカスミの肉団子を黒酢で煮込んでいるそうです。
この肉団子だけでも、もう何個もいけちゃいますよ。
カレーと黒酢という組み合わせも面白いかったなあ。



La Bilancia さんの

「ホワイトカレー バジル風味」

2012040816.jpg

たぶん、鶏ひき肉が入っていたと思うんですが、
タイのグリーンカレーをイメージして食べたら、
ホワイトシチューのようでまったりまろやか。

コレはフランスパンにしみこませたい気分~。



あとは、おつまみてきにいただけた


溢彩流香 さんの 「水晶カレー餃子」

2012040807.jpg
2012040817.jpg

まさに水晶のようなツヤツヤの餃子にうっとり。
カレーを練り込んだモチッモチの皮の中には、
豚ミンチ、海老、白菜、ネギなどがぎっしり。



Tout-Le-Monde さんの

「トゥールモンド風カラムーチョ」

2012040808.jpg

去年はごはん担当だった高山シェフ、
カレーはどんなんだろ…と思っていたら、
こういうテもあったんですね。

カレー風味のサラミ、エエ感じでした。


ああ~、胃袋がいっぱいあったらもっといけたのに

この日は、花見やマラソンが重なり、来れなかった人がいたので、
もし来年も開催されるなら、日にちをずらしてもらえたら、
より多くの人たちに美味しいカレーを楽しめてうれしいかも


出店されたみなさま、スタッフの方々、お疲れさまでした。
来年もあることを祈りつつ…もちろん参加しますよっ

【2012/04/21 13:00 】 | イベント・レセプション | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |