『明洞純豆腐』 の 国産マルチョウ1本焼き など
肉食な私は、会社のむちゃくちゃ近所にありながら、
“スンドゥブ”をなかなか食べる機会がなかったのですが、
“鉄板肉をはじめました”の言葉に惹かれ、行ってきました


特に気になっていたのが…


「国産マルチョウ1本焼き」

2012053108.jpg

おお~、けっこう太いマルチョウですね

網の上でド~ンと焼くのかと思ったら、
甘辛い鉄板鍋の中で、丸1本煮込む感じ。



ある程度火が通ったら、ハサミでカットしてくれます。

2012053109.jpg



再び、ジャガイモ、玉ネギ、キャベツ、ニラとグツグツ。
後は自分好みの肉加減でいただきま~す

2012053110.jpg

このぷにぷっ、ん~、たまりません
もうちょっと火を通したら、より好きかな~。
タレとの相性もバッチリでございます。



シメにうどんを投入~

2012053112.jpg



その後、黒米を追加して雑炊にチェンジ。

2012053116.jpg

どちらも、さらに卵が加わったら、旨みがアップしそう。



そして、豚肉もガッツ~ンと


「厚切サムギョップサル」

2012053101.jpg

美しいお姿でお皿に座っていらっしゃいます。

食べるのがもったいない~という乙女ゴコロはなく
早速、鉄板に寝そべっていただきました。



2012053102.jpg

ニンニクとキムチが同伴、いかにも力が付きそうです。



表面に焦げ目が付くぐらいでお肉をカット。

2012053107.jpg



好みの焼き加減に仕上がったら、そのままはもちろん、
ネギサラダ、韓国味噌、ニンニクなどとチシャでくるり。

2012053111.jpg

脂っこくないお肉なので、私は肉オンリ~で
赤身の美味しさを堪能いたしました。



シメは石焼ビビンバならぬ、鉄板ビビンバ。

2012053114.jpg



さらに、チーズをのっけてトロ~リ。

2012053115.jpg

お腹いっぱいでも、ついついつまんじゃいます。



続いて、骨付きの豚肉もご登場~


「ヤンニョム デジカルビ」

2012053103.jpg

ちょっぴり甘めのタレに漬け込んだ肉がてんこ盛り。



アルミを敷いた鉄板に並べて、こげるのを防ぎます。

2012053105.jpg



肉の色が変わってきたら、ハサミでチョキチョキ。

2012053106.jpg

味がしっかり付いているのでそのままで。
白ごはんにタレごとのっけてもいいかも。



お腹に余裕があったので、ココの名物も


「明洞スンドゥブ」

2012053117.jpg

牛骨ベースのスープの中に手造りおぼろ豆腐、
生あさりやきのこなどなど…うん、ヘルシー

辛さは、このお店のMAXだったそうですが、
ヒーハーすることもなく、軽くクリア。



肉の箸休めに 「海鮮チヂミ」

2012053113.jpg

薄いサクッとした皮の中に、タコなどがたっぷり。



ここまでくれば、シメの定番も(私は食べてないけど

「冷麺、ビビン麺」

2012053118.jpg
2012053119.jpg

みんな麺好きだな~。



ほか、ちょこちょこつまめるお惣菜たち。

2012053104.jpg

カクテキや韓国のり、モヤシナムルなどなど。


ふぅ~、いつの間にか、ひと通りいただいてますね

今回は、鉄板肉メインでしたが、次回は
スンドゥブにチャレンジしてみよっかな。
(といいつつ、ホルモンスンドゥブに
豚肉トッピング…なんてなりそうですが

いや、「明洞」さんで軽~くスンドゥブお腹に入れて、
近所の系列店「タケル」さんでステーキガッツリ
うちの肉部メンバーならやりそうな気がしますが…。


【明洞純豆腐 (ミョンドンスンドゥブ) 】
大阪市淀川区西中島4-4-11 新大阪太陽ビル 1F
06-6100-7878
http://www.sundubu.tv/
【2012/06/08 17:00 】 | ホルモン料理 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |